こだわって作成する|宣伝効果が抜群な紙袋をオーダーしよう!【人気のA4サイズ紙袋】

素材にこだわった紙袋【オーダーする際にこだわりたい部分】

こだわって作成する

紙袋

紙袋はオーダーすれば素材も選び放題

業者に紙袋をオーダーすると使用する素材は自由に選ぶことができます。典型的な未晒クラフト紙はどの業者でも扱っていますが、漂白をした晒クラフト紙や、少しだけ漂白を行って色を薄くした半晒クラフト紙も選べるでしょう。印刷への適性やツヤのある表面が魅力的なコート紙は紙袋をオーダーするときによく選ばれています。コート紙にさらに表面加工を行うことも可能であり、PP加工やエンボス加工は高級感を出しつつ耐久性も高めるのに優れているオプションです。この他にも業者によってオリジナルの素材を用意していて自由に選ぶことができます。

印刷色数・持ち手にもこだわることができる!

紙袋にデザインを印刷するときには色数もこだわることができます。一色刷りや二色刷りを指定することもできますが、最大でフルカラーまで対応してもらうことが可能です。コスト的には色数が少ない方がメリットがありますが、色数を増やすことで秀逸なデザインに仕上げることができます。一方、紙袋に必須の持ち手の選び方も自由です。紙製やアクリル製の丸紐だけでなく、アクリル製の平紐やプラスチック製のハッピータックなどの様々な選択肢があります。リボンを持ち手に使用することも可能であり、用途に応じて魅力的な形に仕上げることが可能です。

紙袋をオーダーする上でよくある質問

最小ロットはどの程度ですか

紙袋をオーダーするときの最小ロットは業者によって異なりますが、一般的には百枚前後です。使用する素材や持ち手などの仕様によっては大ロットでしか受け付けていない場合もあるので個々に確認する必要があります。

デザインを任せることはできますか

紙袋に印刷するデザインについては業者が抱えているデザイナーに任せることも可能です。また、サイズや用紙、持ち手などの選び方についても目的に応じて依頼してしまうことによって、総合的なプロデュースを任せることもできます。

表面加工のメリットは何ですか

紙袋に表面加工を行うのには二つのメリットがあります。光沢や質感の増強によって高級感を出してデザインを目立たせ、触ったときの感触を良くすることが可能です。それに加えて紙袋の強度を高める役割を果たすPP加工も利用することができます。

サンプルを送ってもらうことはできますか

フルオーダーのときに選べる用紙や持ち手についてはほとんどのものがサンプルとして提供されています。完成品のサンプルについては業者によって対応が異なりますが、大ロットの場合には無償で送ってくれるのが一般的です。